忍者ブログ

飲食店のユニフォームを販売して20年、飲食店ユニフォームなら俺におまかせブログ
07 2017/08 1 3 4 5 7 8 9 10 11 13 14 15 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[08/07 KAZU]
[07/21 ☆ORISA☆]
[03/16 GUCCI]
[03/02 KENてんちょ]
[02/25 うちのれお]

03.01.22:54

年に一度の税計算

今年も自宅美容室の確定申告時期

個人で美容室を運営しているため、

仕入れ商品以外にも数々のレシートが存在します

お店なので、

領収証をもらうという行為が一連の流れに

なっていますが、

領収証の代わりとして

品名付きレシートもあれば

品名無しレシートもあります

ではすべてが領収証としての扱いをされるのか?


まず領収証と領収書は同じもの

品名なしレシートも認められます
 但し感熱紙のものはレシートと共に印字が薄くなる(注意)

宛名に上様は認めてもらえるけど、

できれば会社名を書いてもらったほうがいいです


そもそも税務署に領収証を

提出することはありません

レシートがあるのにわざわざ領収証を貰う必要も

ありません

申告上の計算ができればいいので、結果として

レシートがあればいいということになります

次の日曜日、

申告書を仕上げたいと思います
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

無題

よろしくお願い致しますぅ〜^ - ^

  • 2016年03月02日水
  • y
  • 編集

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら