忍者ブログ

飲食店のユニフォームを販売して20年、飲食店ユニフォームなら俺におまかせブログ
10 2017/11 1 2 3 5 6 7 9 1112 13 14 15 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[09/14 Y川さん]
[08/07 KAZU]
[07/21 ☆ORISA☆]
[03/16 GUCCI]
[03/02 KENてんちょ]

11.08.07:56

発想力を上げる

そもそも説いている問題自体が、間違っていないか。

 経営コンサルタントとして様々な組織の会議に参加させてもらって、
いつも驚かされることがある。
 そもそも会議中に取り上げられている問題が間違っているということだ。
 そこが問題なのではなくてまったく別のところに問題があるのに、膨大な
時間と人件費を無駄にして間違った問題を必死に解き続けている。
 学生時代の延長で与えられた問題は絶対正しいと思い込んで、どこかに
模範解答があると信じているからこうなる。
 煮詰まって疲れ果てた頃、たいてい私のほうにふと視線を向けられる。
 私はいつも「解いている問題は正しいか」と囁くだけだ。

☆与えられた問題が正しいと思うのは、学生の発想。
 プロは、目の前の問題が解くべき問題なのかを吟味する。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

無題

とことん考えるお方は、そうなるのでございますね!

考えても考えても、答えの出ない問題は、
考えるのを一旦、やめます。

そうすると、翌日、もしくは数日後、
自然と、答えが 思い浮かびます。

時間を置くことで、視点と発想が
変わるのでございましょうね。

煮詰まった時には「もう考えない」のが、
一番の「答え」でございます。

  • 2012年11月08日木
  • ☆Witch Sao☆
  • 編集

無題

基本”白黒”すぐに出したいタイプです。

あとで失敗することがありますが…

  • 2012年11月08日木
  • 元ヤン?
  • 編集

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら