忍者ブログ

飲食店のユニフォームを販売して20年、飲食店ユニフォームなら俺におまかせブログ
05 2018/06 1 23 5 6 8 910 11 12 13 15 1617 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 07
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[06/14 Y]
[04/30 ☆ORISA☆]
[01/28 ☆ORISA☆]
[01/09 N口]
[01/06 うちのれお]

02.14.07:07

結局仕事は、気くばり 仕事編

職人さんや技術者の接遇・マナーこそ、その会社の一流と二流の
明確な違いになる。


20世紀までは、職人さんや技術者は無愛想でも許されていました。

いい仕事をして入ればそれでいいと考えられていました。

ところが、今これでは許されなくなりました。

どんなに一流の職人さんや技術者でも、お客様のほうが上です。

お金を支払った側が偉い、という資本主義の原則は外せません。

サービスをするスタッフだけでは差別化が難しくなってきました。

今までふんぞり返ってサービスとは無関係だった職人さんや技術者こそが

差別化のキモとなります。

パティシエ自らスイーツを運んでくれると感動します。

お客様が喜ぶ顔を直接見るほど、やる気の出ることはありません。

☆やらないと思われていることが差別化のキモ
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら