忍者ブログ

飲食店のユニフォームを販売して20年、飲食店ユニフォームなら俺におまかせブログ
05 2018/06 1 23 5 6 8 910 11 12 13 15 1617 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 07
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[06/14 Y]
[04/30 ☆ORISA☆]
[01/28 ☆ORISA☆]
[01/09 N口]
[01/06 うちのれお]

02.25.07:01

結局仕事は、気くばり 会議編

出していただいたお茶は、必ず飲んでおく。

会議中にお茶を出していただいたら、必ず飲んでおくことです。

喉が渇いていないとか、そうゆう理由は関係ありません。

出されたお茶は例外なく飲んでおくことです。

これが、お茶を出してくれた人の礼儀です。

出されたお茶を飲まずに平気でいられる人は、自分でお茶を入れたことが

ない人です。

自分でお茶を入れた経験がある人は、いかに大変かを知っています。

今やっている仕事を中断して、わざわざお茶を入れてくれたのです。

できれば「お茶、美味しかったです」とお礼を伝えましょう。

たったそれだけで、あなたは応援されます。

☆やってくれた人の気持ちを想像してみる
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

無題

前職でよくお茶を出す機会があったので

よくわかります。

  • 2013年02月25日月
  • kurose
  • 編集

無題

わたくしも、よく、わかります。
出されたお茶は、飲む派でございます。

日本人の、意味のない「遠慮」って
わたくしは、好きじゃございません。

「つまらない物ですが…」と、菓子折りを手に
おっしゃる美学みたいな習慣が
理解しかねるのでございます。

わたくしなら「つならない物」なんか、
いりません。

「これ、とっても、美味しいんですけれども、お一つ、どーぞ。
〇〇様の、お口に合いますか、わかりませんが…」
が、わたくしが、菓子折りを差し上げる時の言葉でございます。

へんな謙遜、いらないです。

  • 2013年02月25日月
  • ☆Witch Sao☆
  • 編集

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら