忍者ブログ

飲食店のユニフォームを販売して20年、飲食店ユニフォームなら俺におまかせブログ
02 2017/03 1 5 6 8 9 10 12 17 18 20 21 24 26 27 28 29 30 31 04
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[03/16 GUCCI]
[03/02 KENてんちょ]
[02/25 うちのれお]
[02/24 うちのれお]
[02/18 KENてんちょ]

03.15.08:12

節目

今日は小学校の卒業式

交通安全で見守ってきた6年生も

今日が最後の登校です

でも、天候が悪く、雨、風、時には霙(みぞれ)まで・・


そんな中でも、卒業生と分かるような洋服に身を包み

元気なあいさつで登校していきました

今日を起点に、6年生は中学生に

下級生は一学年上に進級します


ワクワクしながら、新しい挑戦に向かっていく、

そんな子どもたちを見ていると、

私たちも、節目と言うものを大事にして

挑戦し続け、さらなる成長を目指したいものです
PR

03.14.20:48

炎の筋トレが無くなった

スポーツジムのスタジオトレーニングの一つ

「炎の筋トレ」担当のインストラクターがやめられました




将来、自分のジムを持つために、武者修行に行くというのです


炎の筋トレは、

自分のウェイト・チューブ・ダンベルを使い

全身を鍛え上げるトレーニングでした


正直、辛かったなあ・・

でも、終わった後の爽快さにハマっていたのも事実


無くなったことには、非常に残念な思いではありますが、

今まで、お世話になったことに感謝したいと思います


何年かあとに、

この福井でジムをオープンさせるという目標らしいので、

その日を楽しみにしながら、


体づくり(トレーニング)を続けていきます



03.14.08:13

ダイエット=やせる?

問題です!

ダイエットはもともと英語だけど、

日本語に訳すと「やせる」という意味である。。

◯ か ✗ か?











ダイエット=やせること

こんなふうに考えている人多くないですか?

ダイエットという言葉の意味

英語の「Diet」は「食事」とか「食習慣」ということで、

「やせる」とか「減量」ではありません

なので、正解は ✗ です


ダイエットを考えてるひとは、

まず始める前に体脂肪を計りましょう

30歳以上なら、体脂肪率17~23%は正常

25%以上だと肥満の領域

これがダイエットが必要かどうかの基準です!



痩せるのなら、運動だけではダメ

ダイエットとは、

食習慣を見直すことから始めよう!

というお話しでした。。


03.13.08:13

営巣残置とは?

旗持ち場所の電柱に、あまり見慣れない

このようなものが貼られていました

「営巣残置」


こちら、

電力会社さんの苦肉の策らしいですね
1.ただいまカラスの巣を残してあります
危険ではないかとの連絡をいただきましたが、
調べたところ安全と解りました

2.勝手に取っちゃうと動物愛護団体の人が怒るので、
わざと残してあります
3.そう言う訳なので、危険ではないですよ!などや
もう連絡しないでください
といったメッセージが込められているとのことです
こりゃ大変だ・・・

ちなみに、巣作りはまだまだ途中のようです

03.11.08:27

感謝の思いを伝える

明新小学校にて、

「見守り活動に感謝するつどい」に参加しました

会議室に来てくださいということで伺ったところ、

見守り隊や交番の警察官、

あわせて10数名が集まっています


校長先生より、体育館に移動くださいと言われ

静まり返った体育館に向かいます

わざわざ寒い体育館ですること無いのに。。

学校の行事だからあえて体育館なのかなあ。。

なんて思いながら、入り口付近に到着・・・

その後、まったく予期せぬ出来ごとが・・

そこに飛び込んできたのは、

なんと・・ 952名の全校生徒の視線

予想もしなかったこの光景に

心臓がバクバク、一気に緊張が高まります


校長先生、見守り隊の隊長、警察の方などのお話があり、

最後に子どもたちからお礼の言葉と花束をいただきました


私にとって、この20分ほどの時間は

寒さも吹き飛ぶほどの

サプライズで期待を超える温かい時間でもありました


その後、会議室にもどり、

反省会と言う名の意見交換をしたときのこと。。

隊長より、

「社員参加で旗持ちしてくれていることにお礼を言います」

とみなさんの前でうれしいお言葉をいただきました


旗持ちは、こちらからお願いしたことがきっかけで始まり、

今では、地域貢献の一つで、無くてはならないものに。。

何かを続けることは、

必ずなんらかのカタチとなって返ってくるんですね


校長先生、子どもたち、見守り隊のみなさま、

そして、旗持ちに参加してくれた社員のみなさん

このような体験をさせていただき


「ありがとうございます」


また来週から、子どもたちを全力で守ります!