忍者ブログ

飲食店のユニフォームを販売して20年、飲食店ユニフォームなら俺におまかせブログ
07 2017/08 1 3 4 5 7 8 9 10 11 13 14 15 17 18 1920 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[08/07 KAZU]
[07/21 ☆ORISA☆]
[03/16 GUCCI]
[03/02 KENてんちょ]
[02/25 うちのれお]

10.19.08:00

第四章「損な考え方」と「得な考え方」

「真似比率」と「創造比率」

頭の中の真似比率
  「先生が教えてくれたこと」 「本に書いてあったこと」 「先輩が教えてくれたこと」
                早く言えば「真似」をしていることが多い。

創造比率を増やす 受動比率を減らし、能動比率を増やすことで自分らしい行動が増えます。
             自分が積極的に動くことで、自分らしい成果、結果、効果が生まれてくる。

「自分らしさを徹底的に追及していくうちに、自己創造が生まれてくる」




10月19日の小話
「万の字」
寺子屋(てらこや)へ初めてかよった息子が、先生から《一、二、三》という字を教わって帰ってまいりました。
 家へ帰ると、親父さんに言いました。
「お父っつぁん、もう、先生はいらないよ」
「そいつはまた、どうしてだ?」
「それじゃあ言うけど、まず一という字は、こう一本ひく。二という字は、こう二本ひく。三という字は、こう三本ひく。何の事はない。かんたんなもんだ。習わなくても、あとは全部わかったよ」
「そうかそうか、えらいもんだ」
 親父は大変喜んで、次の朝になると用事をいいつけました。
「万八(まんはち)どのを呼びたいから、ひとつ手紙を書いておくれ」
「はい」
 息子はそれから部屋に入ったきり、昼になっても出てきません。
「どうしたのだろう?」
と、親父は息子の部屋をのぞいて、
「どうじゃ、もう手紙は出来たか?」
と、聞くと、息子は、
「いいえ、まだまだです。ようやく五百ばかりひきましたが、万ひくのには明日まではかかります」
「・・・?」
 親父がのぞいてみると、息子は紙の上に一の字ばかり、いくつもいくつもひいておりました。

おしまい

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

自分らしさ!

「自分らしさを徹底的に追及していくうちに、自己創造が生まれてくる」 素敵です☆

いつまでも、自分キャラ☆ 持ち続けていきま~す♪

  • 2011年10月19日水
  • 看板娘???
  • 編集

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら