忍者ブログ

飲食店のユニフォームを販売して20年、飲食店ユニフォームなら俺におまかせブログ
07 2017/08 1 3 4 5 7 8 9 10 11 13 14 15 17 18 1920 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[08/07 KAZU]
[07/21 ☆ORISA☆]
[03/16 GUCCI]
[03/02 KENてんちょ]
[02/25 うちのれお]

11.11.08:10

第九章 揺るぎない「心」を磨くために

行動のこの心得が一生の財産になる

①危機数字脱出
  危機になった時「数字を使ってどう抜け出すか」の対策。ピンチに陥ったときに
  パニックにならず、数字で具体的に考えて冷静に対処すること。

②自分利用価格
  自分の持ち物を「自分自身がどれくらいの回数使うか」で利用価格をきめる。
  ほとんど使わないダイヤの指輪より、毎日使う歯ブラシのほうが値打ちが高い。
  買ったものは、利用回数を増やせば「自分利用価格」が上がるのです。

③心色明朗化
  「心の色を明るくしよう」という対策です。
  悪い色から良い色を5つの色に分け、悪い色なら色へ、暗い色なら明るい色へ変えろのが
  対策で、自分の心をつかみ、状態を自分でよくする術です。

④因果先手操作
  世の中は原因と結果のつながりで動いています。
  原因を操って結果を大きくすればいい。どのくらいの原因が、どのくらいの効果を
  いつ出すのかをつかむようにしましょう。

次回
⑤病気自己治療
⑥説得共通改良
⑦創造比率
⑧準備率


11月11日の小話
「手足のけんか」

ある日、手と足がけんかをしました。
「お前は、すぐひざの上に乗る。まったく、うっとうしいやつだ」
と、足が言うと、手は、
「何を言っているんだ。兄弟で言えばおれが上にあるから、手は兄さんだぞ。おれがいなければ、仕事も出来ないくせに」
「ふん、足が無くては、仕事に行く事が出来まい」
 負けずに足がいうと、手は、

手足のけんか

「そう言うなら、食べ物は手で食べるんだぞ。足では、口へ持っていけまい」
  足も、これには言い返せず、
「・・・それは、お前の言う通りだ。だが、覚えておけ。今度イヌのうんちをふんづけて、お前にふかせてやるからな」

手足のけんか

「ひぇーっ、それだけは、ごかんべんを」

おしまい

 イソップ童話にも、似たような話しがあります。


PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

無題

やっぱり何かイソップ童話大好きです★

久しぶりに読ませて頂きましたが

心がほっこりします♪

D★

  • 2011年11月11日金
  • D★
  • 編集

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら